エンダモロジー最前線TOP > セルライトとは

セルライトの概要

セルライト(cellulite)」は、フランス語で「cellule(細胞)」と、「-ite(鉱物を意味する接尾語)」を組み合わせた造語です。名前のとおり、皮下組織のむくみの慢性化によって脂肪に老廃物が付着したり、細胞同士が癒着して硬くなった脂肪の固まりのことで、思春期以降のほとんどの女性に見られます。
皮膚の下の脂肪細胞の大きさが、不均等になることによって凹凸したオレンジの皮のような肌(オレンジピールスキン)は、次第に腰周りや下腹部、太ももやお尻などでより目立つようになります。

セルライトのプロセス

セルライトセルライトは、皮膚組織に存在するアディポサイト(脂肪細胞)の中の、ぶどうの房のような形をした脂肪小葉の肥大によって形成されます。
この肥大した脂肪小葉が血液やリンパ液を圧迫して循環が停滞し、代謝がスムーズに行われなくなります。すると、結合組織は充血して硬くなってしまい、まわりに余分な老廃物が蓄積した状態になります。
また脂肪小葉は、体積増加すると自らの栄養摂取が妨げられるため、正常な脂肪細胞までも取り込んでさらに膨張していきます。この悪循環がセルライトをどんどん肥大化させるのです。

セルライトの分布

セルライトの評価は、目視検査によって可能です。以下のように、0〜3まで4つの段階に分類されます。

0段階 横たわり状態、立ち状態にかかわらず、またつまみテストによってもセルライトはみられない。
1段階 横たわり状態、立ち状態でもセルライトはみられないが、つまみテストによって現れる。
2段階 横たわり状態の時はみえないが、立ち状態ではセルライトが明らかに観察される。
3段階 横たわり状態、立ち状態にかかわらず、どのようなポジションでもセルライトがみられる。

立っている状態と横たわっている状態では、セルライトのボリュームが変化し、かなり見え方が違ってきますので、通常セルライトを評価するときは立った状態で行ないます。

この非常にやっかいなセルライトが生じる原因は、いったい何でしょう? 続いては「セルライトの原因」をご覧ください。



Valid XHTML 1.0 Strict Valid CSS!