エンダモロジー最前線TOP > エンダモロジーの構造

ハンドマッサージの限界

前述のとおり、セルライトは皮下組織にある脂肪層の循環と、代謝機能に関する血液やリンパの流れを改善しなければ、なかなか解消できません。新陳代謝を高めるには、皮膚をマッサージする方法があります。

ボディマッサージ新陳代謝を高める目的としてのマッサージ方法は、大変古くから行なわれており、現在でもさまざまな理論の元、エステティックサロンなどでフェイシャルやボディマッサージがなされています。
しかし、施術者の手によるマッサージで確かな効果を出すためには、しっかりとした理論の中で高い技術を持ち、さらに豊富な経験を兼ね備えてなければなりません。エステティックサロンのすべての施術者に、これだけのキャリアを求めることは不可能です。
加えて人の手で行なう以上、いくら高い知識や技能を持っていても、その日その日の体調によってどうしてもばらつきは生じてしまいます。1日に行なえる人数も決まってしまいます。機械のように、疲れることなく均一に行なうことはできません。

エンダモロジーのトリートメントヘッド

トリートメントヘッド(キーモジュール)エンダモロジーこのようなばらつきをなくし、安定して均一な効果を出す目的として開発されました。
エンダモロジーは、皮膚を深部まで効果的にマッサージすることで、脂肪やセルライトに老廃物の排出を促して、新陳代謝を活発させるという理論に基づいています。この理論を確実に行なうために、エンダモロジーにはコンピューターで制御された精巧な「トリートメントヘッド」が備わっています。
このトリートメントヘッドこそが、エンダモロジーの“キモ”です。ここにエンダモロジーのテクノロジーが集約されていると言っても過言ではありません。

特許を取得した特殊構造のトリートメントヘッドには2つのローラーがあり、回転運動によって皮膚接触部を移動させます。回転運動は前後に動きながら、皮膚の厚みにしたがって巻き込み(もみ)、またそれを広げ戻し(ほぐし)ます。
さらにトリートメントヘッドには空洞部があり、空気が漏れない構造になっています。この空洞部には、ハンドマッサージには不可能である吸引機能が備わっているのです。
機械で行なうこの「もみ」「ほぐし」「吸引」の同時作用で、皮膚深部まで届く3次元的なストレッチ効果を、長期間安定して続けることが可能になるのです。

ローラーの動き

複雑なローラーの動きと吸引機能を兼ね備えたトリートメントヘッドを持つエンダモロジー。その効果は具体的にどのようなものがあるのでしょう?続いては「エンダモロジーの具体的な効果」をご覧ください。



Valid XHTML 1.0 Strict Valid CSS!